sp-kanri

適切な通いの回数

Written by  on 4月 5, 2013

通う回数だが、整体院のようなサロンは、病院ではないので、必ず通わなければいけない!! と言ったものはない。ただ、担当整体師に見てもらって、身体の不調具合では、ある程度の間隔を持って一定期間通った方が良い場合もある。
歪みがひどければひどいほど、1度きりの施術だけでは、すぐ、自分の身体の癖が戻ってしまうので、せっかく正しい位置に骨盤を戻してもすぐ歪む人が多い。癖に戻りやすい周期を考えて、それに合わせて常に骨盤を正しい位置に戻していけば、その位置を身体が覚えて、キープすることが可能になる。そうなれば、徐々に通う回数も減って、最終的には、セルフケアで済むこともある。
では、どのくらいの周期で通うのが良いのだろうか。人によって差が違うので、言い切れないが、歪みがひどい人、癖が定着してしまっている人は、1週間に1回通えるのが望ましいと、整体師に言われるだろう。最初の何か月は、1週間に1回、身体が慣れてきたら、少しずつ2週間に1回、3週間に1回、さらには1ヶ月に1回といった感じで、徐々に回数を減らすことができるだろう。整体師の人には、歪みが治ったとしても、定期検診のように1ヶ月に1回通った方が良いと言われる場合もある。その場合は、自分の身体と相談して決めるのが良いだろう。
本気で、身体を直していきたいのであれば、定期的に通うことをお勧めする。逆にお金を渋って最初から1ヶ月に1回などのようにしてしまうなら、毎回歪んだ状態、つまり1からスタートするということになるので、治るまでに時間がかかってしまうかもしれない。だから、その分お金も使うことになり、むしろ大出費になる可能性もあるので注意。
ただ、その人によって、経済状態や、通える時間は違ってくるので、可能な回数は変わってくるだろう。その場合は、担当の整体師の人に相談して、サロンに来る以外に自分でできることを聞いてみるのも良いだろう。

そもそもなぜ整体を必要とする?

Written by  on 4月 5, 2013

では、なぜそもそも骨盤調整が必要となっているのだろうか。最近、骨盤が歪んでいる人が多くなっているからだ。正確には、骨盤が歪むことによる影響を受けやすくなっていると言った方が正しいかもしれない。そもそも骨盤が歪んでしまう原因としてあげられるものは以下のようなもの
(1)鞄を片方のみ持つまたは片方の肩ばかりに掛ける
(2)一定の時間同じ態勢でいる[デスクワークなど]
(3)運動不足
(4)ヒールの靴をよく履く
(5)足をよく組む
(6)片方ばかり重心を置く
など。

こういった日常普通にしてしまっている自分の「癖」によって、骨盤が歪んできてしまう。
では、骨盤が歪んでいくとどのような身体の変化が起こるのだろうか。
骨盤が歪むということは、その周りの筋肉も衰えているということ。筋力が衰えてしまうなら、代謝が悪くなるため、冷えを引き起こす。また筋力が衰えるなら、血流が悪くなるため、身体のあらゆる箇所から悲鳴が上がる。よくあるのは、肩こりや腰痛。また流れが悪いので、リンパが滞って身体もむくみやすくなり、全体的に疲れやすくなる。そして、女性に多いのが生理不順や便秘の影響も出てきてしまう。
さらに以外にも肥満も引き起こしやすくなる。先ほども説明したように、骨盤が歪むなら、周りの筋力も衰える。そうなれば、バランスも悪くなり、内臓等支えるのに耐えられなくなり、ポッコリお腹になりやすくなってしまうのだ。皮下脂肪なども蓄えやすくなり、洋ナシ形のようなボテッとした体形になりやすくなる。
そのため、骨盤の歪みを直そうと骨盤調整をしようとする。

整体が引き起こす身体の変化

Written by  on 4月 5, 2013

骨盤調整をするとどんな変化が起きるのだろうか。
まず、腰痛、ぎっくり腰等、腰回りが楽になる。
最近多い腰痛持ちの人も多くなったのではないだろうか。一定の時間同じ態勢でいると、固まってしまい、腰が痛くなってしまう。私自身もかなりの腰痛持ちで、同じ姿勢でずっといると、腰から足にかけて痛くなり、最終的には肩も痛くなる。
腰は、骨盤に一番近く、骨盤調整を行うなら、バランスをしっかりとれるようになり、腰痛が軽減されることが多い。
腰痛はなぜ起きるのだろうか。先ほども最近の仕事では一定の姿勢を保つことが多くなってしまった関係で、筋肉が必要以上に緊張する状態が続く。そこに、姿勢が悪いとなると、もっとバランスが悪くなり、背骨を中心に片方の筋肉が、もう片方の筋肉をかばってしまい、片方の筋肉が疲労を起こし、使っていない筋肉が衰えていくので、もっと、腰が辛くなってしまう。腰のバランスが悪ければ、必然的に骨盤が歪んできてしまう。その歪んでしまった骨盤を元の位置に戻すことによって、正しい姿勢を保ちやすくなり、正しい姿勢を保ちやすくなると、血流も良くなるので、少しずつ腰の痛みを感じづらくなる。
骨盤が歪んでくると、足の長さも大幅に変わってくる。私も最初は、右と左のかかとの位置が2~3センチメートル全然違っていて、驚いたことがある。足の長さが違うということは、知らず知らずのうちに、歩き方も悪くなっていて、腰に負担のある歩き方をしているということだ。どちらかの足を、大体は利き足でない方をかばって歩いていて、バランスが悪くなっている。だからこそ、調整をしてあげることによって、腰回りの筋肉をバランスよく使ってあげられるようにすることが大切なのだ。ただ、骨盤調整に頼るのもいいが、歪みを解消するには、日々意識的に姿勢を気にしてあげることが必要である。
またそれに付随して、腰回りが楽になると、内臓機能が向上してくるため、便秘が解消されてくるし、生理不順に悩んでいる人はそれも解消されることが多い。そして、骨盤が整えられるために、ウエストのサイズダウンにつながるのだ!! 下腹が出て見えてしまうのは、骨盤が歪んで同じく内臓のバランスも崩れ、下にさがってしまう。だが、骨盤を元の位置に戻すことによって、内臓のバランスを整えることができるので、ウェストダウンへつながる。
こう考えると、骨盤はとても身体にとって大切なのだ。

どういうところで受けられるの?

Written by  on 4月 5, 2013

整体はどういったところで受けられるのだろうか。
病院、「接骨院」や「整骨院」と言ったところで、リラクゼーションの分野として、骨盤調整を行なっているところも多い。
しかし、主には、チェーン店、フランチャイズのようなところで、骨盤調整を受けることができる。その場合は、散々言っているが、料金、技術にはよく注意しよう。
今はどこを見ても「マッサージ」「整体」という旗や看板を目にする。駅の近くには必ずと言っていいほど、またホテル内にも必ずと言っていいほど、リラクゼーションサロンがたくさんある。しかし、骨盤調整はどこで受けられるだろうか。
ここでは具体的なお店の名前も挙げていくことにしよう。
例えば、最近拡大が目立つ「カラダファクトリー」と言ったフランチャイズのお店がある。だいたい40分から60分で、整体、つまり骨盤調整は5000円前後である。カラダファクトリーには、いろいろなコースや、お店があり、骨盤調整を主にしているところや、ストレッチをしながら、身体を整えるものもある。
または、「Refresh」といった山本式整体と言うところでも、骨盤調整を受けることができる。そこでは、30分約3000円となっている。ここでも、ストレッチ整体というものもあり、これに関しては、60分約8000円前後である。
主に大きなところを挙げてみたが、他にもいろいろなところで受けられる。
情報として、いろいろ取得できるのは、フリーペーパーを見るとどんな整体院があって、どこにどれだけあるのか分かるだろう。私が愛用しているのは「ホットペッパー」やサイトの「OZmall」というものだ。一度見てみるのをお勧めする。

整体院は病院?

Written by  on 4月 5, 2013

整体院…「院」とあるから病院と思ってしまいがちだが、整体院は基本的に病院ではない。場所によっては、病院の中で、整体、骨盤調整の施術をしているところもあるようだが、その場合は、医療控除、つまり、社会保険や国民健康保険がきかず、100パーセント自己負担で支払うことになる。つまり、整体院も病院ではないから、保険等が使えない。そもそも、整体とは、医療類似行為が不可能なので、病院と呼ぶことはできず、マッサージと同じ、リラクゼーションの分野となってしまうのだ。ただ、筋肉をほぐしていくだけのマッサージよりは、東洋医学あるいは西洋医学を基として、身体の不調を見極め骨を、医療類似行為にならない程度で、整えていくので、身体の改善は良くなっていくと思われる。
では病院と言うのは、「接骨院」や「整骨院」、「整形外科」などと言ったものを病院と言う。上記で上げたものには、国家資格が必要なのだ。その他、鍼や灸と言ったものも国家資格が必要である。国家資格であるならば、国の定めた基準に達しているということであり、ある程度信頼性がある。
さて、整体は何度も言っているが、民間資格なので、これと言った一定の基準はない。だから、医療行為ができないため、「治療」はできないのだ。あくまで「施術」である。捻挫をしたり、骨折、あるいは脱臼、むち打ちなどの怪我をした際は、整体院では治療はできず、その上、そのような怪我があるときは、施術も出来ないと言ったところも多い。ただ、あまりひどくないギックリ腰や、首をねくじいたなどの際は、整体院で治療することも可能だ。

病院と整体院の違い

Written by  on 4月 5, 2013

整体院と病院、病院と言っても多数あるが、ここでは、「整形外科」「接骨院」「整骨院」を病院と呼ぶ。
大きく分けるなら、国家資格のものか、民間資格のものと違いである。「整体外科」「接骨院」「整骨院」はいずれも何かしらの国家資格を持っている。接骨院・整骨院は、柔道整復師という国家資格を持っている。接骨院と整骨院は大きな違いがないので、今は同じと思っていい。だから、接骨院・整骨院は「治療」ができるのだ。例えば、捻挫や骨折をしてしまったときに接骨院・整骨院へ治療に行けるのだ。また整形外科は、説明をしなくても分かるかと思うが、医師免許が必要なので、これも国家資格と言える。接骨院・整骨院との違いは、医者であるため、医療機器が使用できるということ。例えば、骨折をした際には、レントゲンを使えるし、「外科」と言うだけあって、手術も可能だ。余談だが、大きな怪我をしてしまったときは、整形外科に言って、リハビリを接骨院・整骨院へ行った方がよいだろう。
それに比べて、整体院は、というよりは「整体」とは民間資格である。民間資格とは、企業や団体が規定した資格と言うこと。つまり、基準が一定の国家資格と違って、企業、団体ごとに資格の基準が変ってきてしまう。だから、整体の資格を持っているからと言って、必ずしも良い施術が受けられるというわけではないのだ。そして、整体には、医療類似行為が認められていないため、あくまでもリラクゼーションという枠組みである。

骨盤調整は痛い?

Written by  on 4月 5, 2013

骨盤調整は痛いのか…。そう質問されても、人によって痛いと感じる度合いも違うし、骨盤調整というものをどのようなイメージを持っているか分からないから、一概には言えない。
ただ、よくテレビで目にする日本人以外のアジア人、ごくたまに中国やタイで修業をしたという日本人整体師の人がするのに、ボキボキと音を鳴らしながら、羽交い絞めにしながらやる施術のような痛さは、日本の整体院で骨盤調整をするようなところでは見られない。
だからと言って、全然痛くないですよとも言えない。なぜなら、人によって、骨盤の開きや、ズレは変わっているからだ。たとえ一気に治すのではなく、徐々に徐々に治すとしても、治す幅が広ければ多少の痛みはあるだろう。
また身体自体、むくみやすい人は、ちょっと押されただけでも痛みを感じやすいので、思わず「痛い!!」と声を上げてしまう人もいるだろう。
でも、身体が改善されていけばその痛みはなくなっていくだろう。
だが、骨盤調整をする場所にちゃんと選ばなければ、必要ない痛みを生じさせる可能性がある。何度も何度も言っているが、腕の悪い整体師にやってもらうなら、身体の不調を加速させ、仕舞いには、治すのが難しくなってしまったという人も中にはいる。民間資格であるということは、誰でも整体師になれてしまうのが現状で、ヤブ医者ならぬ、ヤブ整体師も存在してしまうのだ。そうなれば、もちろんそのような整体師に施術してもらうなら、骨盤調整は「痛い」ものとなってしまうだろう。

カイロプラクティックとは違うの?

Written by  on 4月 5, 2013

整体とカイロプラティック…。カイロプラティックも整体の一種である。だから、どちらも骨盤を調整するという目的で行っているため、大きな違いはないかもしれない。でも、よく聞く話では、基としているものが違うようだ。
一言で、違いを説明するなら、「整体」は東洋医学、「カイロプラティック」は、西洋医学を基にしている。
特に整体は、東洋医学と日本の武道医学、中国医学も取り入れている。薬などはなるべく使わずに、手や足、補助器具で、骨盤等を調整し、身体を改善していこうとするというもの。日本の武道医学を取り入れているものの、国家資格ではなく、民間資格であるから、誰でも整体の施術を行うことができる。
では、カイロプラティックとはなんだろうか。
そもそもカイロプラティックとは、ギリシャ語でカイロ“chiro”と言って「手」を意味し、プラティック“prakticos”は「技術」を意味している。これは造語であり、すなわち手技を用いて、骨格を調整し、出来るだけ、医療、つまり薬等を使用せずに、治療しようとする方法だ。ただこの治療法の効果は、科学的には証明されておらず、日本では、整体と同様、民間の資格となっていて、誰もがカイロプラティックを行える、カイロプラクターになれるのだ。
こうやって見ると大きな違いは無いように見えるが、整体は、主に全身の骨格や筋肉バランスを整えて自然治癒で徐々に調整していくのに対し、カイロプラティックは、骨格に注目し、歪んでいる箇所に直接力を与えて正しい位置に戻し、症状を改善させるというもの。カイロプラティックの方は、直接歪んでいる箇所に力を与えるため、経験の少ない者が行うと、逆に身体を痛めることになることもあるので、注意が必要だ。
どちらも、人によって合う合わないがあるため、よく調べて、自分の合う治療方法を探すのが良いと言えるだろう。

メリットデメリットは?

Written by  on 4月 5, 2013

もちろん整体にもメリットとデメリットがある。
一つずつ上げていくことにしよう。
メリットとしては、一言で言えば身体が改善されていくというものだ。肩こりや腰痛、ぎっくり腰、肥満、生理不順など、問題を抱えている人にとっては、定期的に正しい通い方をしていれば、身体は楽になり、辛い日々を過ごさなくて良くなるだろう。最近では、仕事でもデスクワークをしている人が多いから、肩こり、腰痛の問題を抱えている人は多いだろう。また、接客業に携わっている人も多く、むくみの問題も抱えている人も多いだろうから、そのような問題が改善されていくなら、嬉しいことはない。
先ほども述べたとおり、肥満にも効くから、整体に通って、身体も楽になって、痩せたわ!! と言う人も多い。骨盤が調整されれば、ウェストが引き締まったり、むくみが改善されて、脚や腕が細くなったり、顔の血色がよくなったりといった、女性には嬉しいことが起きるだろう。
ただ、デメリットとしては、まずは、料金だ。相場はだいたい5000円から1万円であるから、たとえ、5000円だったとしても、週に1回通うなら、1ヵ月では、5000円×4で、毎月2万円の出費となる。また時間も1回に60分前後であるから、毎月60分×4で240分時間を費やさなければいけない。また、良い整体師に巡り合うのももしかすると大変かもしれない。1つの場所に決めるまでには時間がかかる人もいるだろう。
また、セルフケアをしないで、整体院に頼りっきりになってしまえば、ずっとずっと通わなければいけなくなるというデメリットもある。

回数を減らすために

Written by  on 4月 5, 2013

整体、骨盤調整に行くなら、身体は改善されるだろう。しかし、整体、骨盤調整だって、ただではない。1回につき5000円として、一週間に1回行けば1ヶ月で20000円、一年間で24万の計算となる。身体がとても不調であるならば、しょうがないのかもしれないが、少しでも経済的な負担を少なくしたいところ。
それに、厳しいことを言うようだが、自分でも努力をしない限り、身体が改善することはないであろう。整体、骨盤調整に頼りっきりで、身体が良くなるわけでない。あくまで、身体を良くするための「お手伝い」をしてくれているのに過ぎない。
では、負担を減らす、つまり、行く回数を減らすためには何ができるのだろうか。おそらく、通っている整体師の人に聞けば、優しく教えてくれるだろう。
一般的に言われていることは、以下である。
(1)身体を温める(身体を冷やさない)
(2)水分をしっかり取る
(3)お風呂上りなどにストレッチをする

以上が、普段の生活で気をつけておきたいことだ。
せっかく整体、骨盤調整で血流を良くしたり、老廃物を流そうとしたりしているのに、「冷え」から引き起こす血流の悪さのために、上手く流してくれなければ、良い効果を期待することができない。
また重複するが、水分をしっかり取らなければ、老廃物などを流したいのに、十分な水分がないために、また詰まってしまう。水分を取るとむくんでしまうと思われがちだが、水分を取らな過ぎであっても、身体はむくんでいくのだ。
人によって個人差があるが、2リットルは1日に飲んでおきたい。
また、身体が硬いことが身体の不調の主の原因であるから、そこをしっかりと直していくことがとても大切である。