様々な施術の整体

Written by  on 4月 5, 2013 

整体にもいろいろな種類のものがある。「整体」と聞くと、多くの人が、バキバキやボキボキと音を立てて施術をする…と言ったイメージを持っているようだ。確かに私自身も、自分が整体に行くまでは、痛くて、音を立てて、下手をすると、怪我をするのでは? と思っていた。しかし、今は、だいたいのところでは「ソフト整体」と言うように、痛かったり、音を立てたりせずに施術をするところが増えている。
そもそも、なぜ、「整体=痛い、音が出る」というイメージを私たちは持ってしまっているのだろうか。「痛い」施術を行っているもとは、中国式や、タイ古式など、整体と言うよりは、マッサージだが、上記2つの本場の施術はボキボキと鳴らしたり、痛かったりなどする。その印象が強すぎて、「整体=痛い、音が出る」と思ってしまうのだろう。
だが実際は、そうでもない。後ほど説明があるが、日本の整体は東洋医学に基づいている。だから、骨格や筋肉に働きかけて、自然に治るようにしているから、無理やり動かしたりしないため、よっぽどでない限り音は出ない。またボキボキと骨を鳴らすのは身体によくないことのようで、「音がした方がすっきりする」と思っている人は要注意。余計に身体を悪くしかねない。だから、むやみに音を鳴らそうとする整体には気をつけた方が良いだろう。ただ、骨盤、骨格を調整または筋肉を動かしていく関係で、ポキッと音が鳴ることがあるが、そこまで心配する必要はない。どうしても音を鳴らしてほしくなければ、担当の整体師の人にその旨を伝えれば、代替方法で施術をしてもらえる。