整体が引き起こす身体の変化

Written by  on 4月 5, 2013 

骨盤調整をするとどんな変化が起きるのだろうか。
まず、腰痛、ぎっくり腰等、腰回りが楽になる。
最近多い腰痛持ちの人も多くなったのではないだろうか。一定の時間同じ態勢でいると、固まってしまい、腰が痛くなってしまう。私自身もかなりの腰痛持ちで、同じ姿勢でずっといると、腰から足にかけて痛くなり、最終的には肩も痛くなる。
腰は、骨盤に一番近く、骨盤調整を行うなら、バランスをしっかりとれるようになり、腰痛が軽減されることが多い。
腰痛はなぜ起きるのだろうか。先ほども最近の仕事では一定の姿勢を保つことが多くなってしまった関係で、筋肉が必要以上に緊張する状態が続く。そこに、姿勢が悪いとなると、もっとバランスが悪くなり、背骨を中心に片方の筋肉が、もう片方の筋肉をかばってしまい、片方の筋肉が疲労を起こし、使っていない筋肉が衰えていくので、もっと、腰が辛くなってしまう。腰のバランスが悪ければ、必然的に骨盤が歪んできてしまう。その歪んでしまった骨盤を元の位置に戻すことによって、正しい姿勢を保ちやすくなり、正しい姿勢を保ちやすくなると、血流も良くなるので、少しずつ腰の痛みを感じづらくなる。
骨盤が歪んでくると、足の長さも大幅に変わってくる。私も最初は、右と左のかかとの位置が2~3センチメートル全然違っていて、驚いたことがある。足の長さが違うということは、知らず知らずのうちに、歩き方も悪くなっていて、腰に負担のある歩き方をしているということだ。どちらかの足を、大体は利き足でない方をかばって歩いていて、バランスが悪くなっている。だからこそ、調整をしてあげることによって、腰回りの筋肉をバランスよく使ってあげられるようにすることが大切なのだ。ただ、骨盤調整に頼るのもいいが、歪みを解消するには、日々意識的に姿勢を気にしてあげることが必要である。
またそれに付随して、腰回りが楽になると、内臓機能が向上してくるため、便秘が解消されてくるし、生理不順に悩んでいる人はそれも解消されることが多い。そして、骨盤が整えられるために、ウエストのサイズダウンにつながるのだ!! 下腹が出て見えてしまうのは、骨盤が歪んで同じく内臓のバランスも崩れ、下にさがってしまう。だが、骨盤を元の位置に戻すことによって、内臓のバランスを整えることができるので、ウェストダウンへつながる。
こう考えると、骨盤はとても身体にとって大切なのだ。