病院と整体院の違い

Written by  on 4月 5, 2013 

整体院と病院、病院と言っても多数あるが、ここでは、「整形外科」「接骨院」「整骨院」を病院と呼ぶ。
大きく分けるなら、国家資格のものか、民間資格のものと違いである。「整体外科」「接骨院」「整骨院」はいずれも何かしらの国家資格を持っている。接骨院・整骨院は、柔道整復師という国家資格を持っている。接骨院と整骨院は大きな違いがないので、今は同じと思っていい。だから、接骨院・整骨院は「治療」ができるのだ。例えば、捻挫や骨折をしてしまったときに接骨院・整骨院へ治療に行けるのだ。また整形外科は、説明をしなくても分かるかと思うが、医師免許が必要なので、これも国家資格と言える。接骨院・整骨院との違いは、医者であるため、医療機器が使用できるということ。例えば、骨折をした際には、レントゲンを使えるし、「外科」と言うだけあって、手術も可能だ。余談だが、大きな怪我をしてしまったときは、整形外科に言って、リハビリを接骨院・整骨院へ行った方がよいだろう。
それに比べて、整体院は、というよりは「整体」とは民間資格である。民間資格とは、企業や団体が規定した資格と言うこと。つまり、基準が一定の国家資格と違って、企業、団体ごとに資格の基準が変ってきてしまう。だから、整体の資格を持っているからと言って、必ずしも良い施術が受けられるというわけではないのだ。そして、整体には、医療類似行為が認められていないため、あくまでもリラクゼーションという枠組みである。